西松建設、シールド自動解析診断システム「NS-BRAINs」を開発

更新619

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 西松建設、シールド自動解析診断システム「NS-BRAINs」を開発

西松建設、シールド自動解析診断システム「NS-BRAINs」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月23日 04:00

シールド工事における施工品質を向上し、一層効率化
2017年12月22日、西松建設株式会社は、シールド工事において施工品質を向上し一層の効率化を図るために、シールド自動解析診断システム「NS-BRAINs(Nishimatsu Brain for Real Analysis Information System)」(以下、同診断システム)を開発し、横浜湘南道路トンネル工事(国土交通省関東地方整備局発注)に導入したと発表した。

シールド工事の品質を向上し安全に施工するために、シールド掘進中の土質変化、地盤変状や設備変調等の前兆を捕捉し、遅滞なく対策を行うことが非常に重要である。

しかしながら、従来手法では、予め設定した処理フロー・管理値や人の経験則等により異常の有無を判定していたため、予兆を見落として重大なトラブルが発生することや、想定外のトラブルへの対応が困難となる課題があった。
「NS-BRAINs」の概要
同診断システムは、リスク要因を事前に計画・登録できる特性要因図および分析・評価結果や対処策を選定して表示する対策工エキスパートシステムなどから構成されたメインシステムと、施工データの統計解析・多変量解析や異常値・パターン・相関を発見するデータマイニング機能等から構成されたサブシステムから成る。

同診断システムにより、大量の施工管理データを漏れなく自動モニタリングでき、従来は見落としがちであったデータの変調やトラブルの予兆を早期発見でき、リスク要因の分析結果から、必要な対策工を参照・選定できる

また、分析と評価フローの繰り返しをデータとして蓄積・フィードバックすることにより、システムが継続的に改善されて高度化が図られる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

西松建設 NEWS&TOPICS
https://www.nishimatsu.co.jp/news/news.php?no=MjYy

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る