鹿島、矩形シールド「EX-MAC」で歩行者専用の地下連絡通路を構築

更新1023

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 鹿島、矩形シールド「EX-MAC」で歩行者専用の地下連絡通路を構築

鹿島、矩形シールド「EX-MAC」で歩行者専用の地下連絡通路を構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月22日 12:00

銀座駅の既設地下通路とGINZA SIXが直結

2017年12月21日、鹿島建設株式会社は、東京都中央区の銀座六丁目地区再開発事業土木工事(以下、同工事)において、地下連絡通路(同連絡通路)の構築に密閉型矩形シールド「EX-MAC」(以下、同シールド)を用いて掘削を行ったと発表した。

同連絡通路は、東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線の銀座駅と、2017年4月にオープンした銀座エリア最大級の複合商業施設「GINZA SIX」を結ぶ地下連絡通路で、付帯工事等も終えて、2017年12月20日に開通した。

同シールド工法は、掘進距離・線形・施工ヤード・掘削地盤・周辺環境の条件を考慮して採用されたとのこと。

EX-MAC工法の概要

同シールド工法は、カッターヘッドが回転する際に、カッタースポークに内蔵した伸縮カッターが伸縮しながら矩形の隅角部を切削することで、多様な矩形断面を施工できる工法だ。

なお、同工事では、同連絡通路の横幅が広いため、2つのカッターヘッドを並べて配置し、チャンバ内の泥土による圧力(泥土圧)を安定させるために、伸縮カッターに連動して動く土圧変動抑制装置を左右2箇所に装備して、安全な掘進を実施した。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

鹿島 プレスリリース
https://www.kajima.co.jp/news/press/201712/21c1-j.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る