プライメタルズテクノロジーズ、インド社よりスラブ連続鋳造機と熱間圧延設備を受注

更新1216

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プライメタルズテクノロジーズ、インド社よりスラブ連続鋳造機と熱間圧延設備を受注

プライメタルズテクノロジーズ、インド社よりスラブ連続鋳造機と熱間圧延設備を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月21日 14:00

インド西部のマハーラーシュトラ州ドルビー工場向け

2017年12月19日、プライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies、以下、PT社)は、インドの鉄鋼メーカーであるJSWスチール社(JSW Steel Ltd.、以下、JSW社)から、インド西部のマハーラーシュトラ州ドルビー工場(以下、同工場)向けに、スラブ連続鋳造機(以下、同連鋳機)2基と年間生産能力500万トンの熱間圧延設備(以下、同圧延設備)を受注したと発表した。

JSW社は、同国カルナータカ州、タミルナードゥ州、およびマハーラーシュトラ州に6ヵ所の生産拠点があり、年間の総生産能力は約1,800万トンで、さらに、4,000万トンに拡大する中期計画を立てている。また、カルナータカ州の工場では同連鋳機3基が稼働中だ。

受注した設備の概要

同連鋳機は、ストレート形状の鋳型・湯もれを自動検知する鋳型監視システム・インライン品質保証システム外のさまざまな技術パッケージにより、鋳造プロセスにトラブルがなく、表面と内部の品質が高いスラブの生産が可能で、初年度のスラブ生産能力は年間約450万トンであり、将来的には600万トンまで拡大できる。

また、同圧延設備は、最大コイル重量34トンの熱延鋼板を生産し、建設用炭素鋼・高品質炭素鋼・合金鋼・DP鋼外、さまざまな鋼種への対応が可能だ。

さらに、PT社は、設計、エンジニアリングや、ドライブからプロセスオートメーションシステムなどまで、械設備と圧延機のすべてを供給するとともに、据付けと試運転指導、顧客のトレーニングを担当する。設備の稼動開始は2019年中頃の予定だ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プライメタルズテクノロジーズ プレスリリース
http://www.primetals.co.jp/japan/press/pdf/20171219.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る