鹿島、小型地盤調査車「miniGeo」を開発し、運用を開始

更新1020

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 鹿島、小型地盤調査車「miniGeo」を開発し、運用を開始

鹿島、小型地盤調査車「miniGeo」を開発し、運用を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月20日 14:00

支持層を正確に把握する機能はそのままに、狭小地や不整地にも対応

2017年12月19日、鹿島建設株式会社は、複雑な支持層の分布を高い精度で調査できる小型地盤調査車「miniGeo(ミニジオ)」(以下、同小型地盤調査車)を新たに開発し、運用を開始したと発表した。

軟弱な地盤に建物を構築する場合、硬質な支持層にまで杭を確実に到達させるために、敷地の地盤状況を正確に把握することが不可欠であるが、一般的なボーリング調査だけでは、傾斜や起伏の大きい複雑な支持層を正確に把握することは難しい。

同社は、地盤分布の情報を精度高く得ることができる地盤調査車GEO-EXPLORERを1994年に開発し、2010年には、さらに新型車を導入しているが、この度、狭小地や不整地にも対応できるように、小型調査車を開発した。

miniGeoの特長

同小型地盤調査車は、GEO-EXPLORERと同じ方式・調査能力である「MWD(Measurement While Drilling)検層方式」(以下、同方式)を採用しているが、調査時間は約1/10に大幅に短縮されたうえに、車両長さが約1/2・総重量が約1/3にまで小型化されて、汎用の10トントラックで運搬できる。

また、インターネット上のクラウドサーバとデータ連携するとともに、GNSS衛星測量などのICT技術を活用して、計測・データ処理能力も向上している。

静岡県の新築工事に適用した結果、18地点を2日間で速やかに調査し、起伏が大きく複雑な支持層の分布状況を詳細に把握できたとのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

鹿島 プレスリリース
https://www.kajima.co.jp/news/press/201712/19a1-j.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る