新菱冷熱、3Dレーザースキャナの計測支援技術を開発

更新420

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 新菱冷熱、3Dレーザースキャナの計測支援技術を開発

新菱冷熱、3Dレーザースキャナの計測支援技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月14日 20:00

計測の効率化と精度向上を図ったスキャナ配置計画を自動作成
2017年12月12日、新菱冷熱工業株式会社は、北海道大学・大学院情報科学研究科と共同で、「3Dレーザースキャナ配置計画支援ソフトウェア」(以下、同ソフトウェア)を開発したと発表した。

3Dレーザースキャナは、レーザーを照射して対象物の位置情報を取得することにより、建物、配管設備や機器類の形状を点群データ化する計測器であるが、レーザーが直接照射されない機器の裏側部分は計測できないため、複数個所へスキャナを設置して計測する必要がある。

この場合、計測漏れを防ぐために冗長に計測して計測データが膨大となるとともに、設備の知識と計測ノウハウが必要であり、対応できる技術者が限られていた。
「スキャナ配置計画」作成の流れ
同ソフトウェアは、計測目的に応じて重要な部分を指定するだけで、スキャナの配置場所を自動で計画するもので、先ず、事前にレーザースキャニングする対象設備を写真撮影して作成した簡易的な3Dモデル上で、計測重要度を高・中・低の3段階で指定する。

その後、指定されたデータを解析して、最も効率的なレーザースキャナの設置場所を自動計画する。

同ソフトウェアを200平方メートル程度の熱源機械室の機器入れ替え工事に適用したところ、未経験者でも、従来作業より短い1時間程度の計算時間で、精度の高い計画を簡単に作成できたとのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

新菱冷熱 新着情報
https://www.shinryo.com/news/20171212.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る