住友重機械とNEC、産業機械の故障予兆の検出にAIを用いる実証実験で検出に成功

更新1211

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 住友重機械とNEC、産業機械の故障予兆の検出にAIを用いる実証実験で検出に成功

住友重機械とNEC、産業機械の故障予兆の検出にAIを用いる実証実験で検出に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月14日 16:00

RAPID機械学習を使用してプラスチック射出成形機の故障予兆を検出

2017年12月13日、住友重機械工業株式会社と日本電気株式会社(以下、NEC)は、AIを用いて産業機械の故障予兆を検出する実証実験(以下、同実証実験)を行い、プラスチック射出成形機(以下、同成形機)から出力されたデータを利用した故障予兆の検出に成功したと発表した。

電動射出成形機では、駆動機構に搭載されたボールねじを計画的にメンテナンスする都合上、故障の予兆を検出することが期待されていた。

実証実験の概要

同実証実験では、同成形機に標準的に搭載されているセンサ群の時系列データを利用し、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つである「RAPID機械学習」(以下、同機械学習)によって、正常である場合と損傷の場合を分析し、両者の差異を検出できるか否かを検証した。

実験の結果、1500あるデータセットを20分程で学習し、正常と損傷のデータを、1データセットあたり0.4秒以内で、高精度で判別できることを確認した。

なお、同機械学習は、ディープラーニング技術により、事前に読み込んだ手本となるデータから傾向を学習して、データの分類・検知・推薦などを高精度に判断できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

住友重機械 新着情報
http://www.shi.co.jp/info/2017/6kgpsq0000003bn0.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る