プライメタルズテクノロジーズ、JFEスチール社の第3焼結設備更新契約を受注

更新1022

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プライメタルズテクノロジーズ、JFEスチール社の第3焼結設備更新契約を受注

プライメタルズテクノロジーズ、JFEスチール社の第3焼結設備更新契約を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月13日 17:00

最新技術の排ガス再循環システムにより環境への影響を低減

2017年12月12日、プライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies)は、JFEスチール株式会社(以下、JFEスチール社)より、同社の国内生産拠点である西日本製鉄所(福山地区、以下、同製鉄所)に新たな焼結設備(以下、同設備)を納入する契約(以下、同契約)を受注したと発表した。

同設備は、既存の第3焼結設備を解体した後、同じ場所に建設する予定で、最新技術の排ガス再循環システムが備えられて、環境への影響が低減されるとのこと。

新設される焼結プラントの概要

同契約では、水冷式スター・クラッシャーなど最新の設計と仕様が採用されており、年間生産能力480万トンの焼結設備・焼結クーラー・成品搬送システムを供給するとともに、エンジニアリングと現地での据え付け指導業務も行う。稼働開始は、2019年度第4四半期の予定だ。

また、同製鉄所における同設備の焼結面積は、387 平方メートルになる。

なお、JFEスチール社は、2003年の設立で、従業員44,000人以上を擁しており、国内7ヵ所の製鉄所において、薄鋼板・厚中鋼板・形鋼・電磁鋼・鋼管・チューブ鋼・ステンレス製品・棒鋼・線材・鉄粉や、一部のチタン製品を提供している。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プライメタルズテクノロジーズ プレスリリース
http://www.primetals.co.jp/japan/press/pdf/20171212.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る