大阪ガス、タイでバイオガス精製と天然ガス自動車燃料供給の商用実証事業を開始

更新1113

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大阪ガス、タイでバイオガス精製と天然ガス自動車燃料供給の商用実証事業を開始

大阪ガス、タイでバイオガス精製と天然ガス自動車燃料供給の商用実証事業を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月28日 19:00

バイオマス資源が豊富で、天然ガス自動車の普及も進んでいるタイで温室効果ガス排出量削減に貢献

2017年11月27日、大阪ガス株式会社(以下、大阪ガス)は、タイのAgriculture of Basin Company Limited(以下、ABC社)と共同で、農業残渣等から発生するバイオガスから二酸化炭素等を取り除き、高純度のメタンガスを製造し、天然ガス自動車へ供給する商用実証事業(以下、同実証事業)を開始したと発表した。

同国では、サトウキビの搾りかす・パーム残渣や食品系工場廃水などのバイオマス資源が豊富であるうえに、天然ガス自動車の普及も進んでいるため、大阪ガスは、独自のハイブリッド型バイオガス精製システム(以下、同精製システム)により、同国のバイオマス資源を有効活用し、同実証事業を行うこととした。

商用実証事業の概要

同精製システムは、CO2を選択的に吸着する吸着剤を利用し、バイオガスからメタンガスを取り出す「PSA(Pressure Swing Adsorption)」と、PSAから排出されたオフガス中からCO2を除いてメタンガスを回収する「分離膜」を組み合わせたシステムで、オフガスリサイクルすることで、世界最高レベルのメタン回収効率99%以上を実現した。

同実証事業では、ABC社のパーム(あぶらヤシ)油製造工場で工場廃水中の有機物をメタン発酵させて発生したバイオガスを大阪ガスが精製してメタンガスを製造する。

この際、大阪ガスはメタンガスの製造コストを最小化するための運転方法や自動車燃料としての有効性等について検証し、ABC社は、精製されたメタンガスを同社が所有する天然ガス自動車の燃料として有効利用する取り組みを展開していく。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大阪ガス プレスリリース
http://www.osakagas.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る