竹中工務店、排水系発生虫を捕獲する「バグキーパーM」を開発

更新1214

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 竹中工務店、排水系発生虫を捕獲する「バグキーパーM」を開発

竹中工務店、排水系発生虫を捕獲する「バグキーパーM」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月23日 12:00

薬剤を使用しない「防虫エンジニアリング」のラインナップを拡充
2017年11月21日、株式会社竹中工務店は、食品工場など、特に害虫管理の必要性が高い施設の防虫対策として、排水系発生虫の捕獲装置「バグキーパーM」(以下、同装置)を開発したと発表した。

食品工場などでは、製品の安全・安心のために、異物混入の原因となる建物への虫の侵入対策が必要であり、同社は、2001年に防虫研究の専用施設を技術研究所に設置し、飛来虫に有効な「バグキーパー」・歩行虫に有効な「バグバンパー」・シートシャッターに防虫機能を付加した「バグシールド」を開発するなど、施設の防虫に取り組んできた。
「バグキーパーM」の特徴
同装置は、紫外線LEDを放射して夜行性排水系発生虫を誘引し、ファンで吸引して装置内部の捕虫バッグに収集する防虫設備で、薬剤を使わないので、食品工場で安心して設置できる。

特に、排水設備等から発生する虫の大半を占め、近年発生量が増加傾向にあるチョウバエをターゲットに、夜間の設置を想定しており、同社技術研究所で行った実証実験では、一晩で約70%の捕獲率を確認したとのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

竹中工務店 ニュースリリース
http://www.takenaka.co.jp/news/2017/11/07/index.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る