国土交通省、2017年度1級・2級建設機械施工技術検定「実地試験」の合格発表

更新1115

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 国土交通省、2017年度1級・2級建設機械施工技術検定「実地試験」の合格発表

国土交通省、2017年度1級・2級建設機械施工技術検定「実地試験」の合格発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月18日 19:00

1級・2級建設機械施工技術検定「実地試験」合格者を決定

国土交通省は11月17日、8月19日から9月8日にかけて1級・2級建設機械施工技術検定「実地試験」を実施し、合格者を決定した、と発表した。

1級・2級建設機械施工技術検定は、建設業法に基づき、国土交通大臣の指定試験機関「一般社団法人日本建設機械施工協会」が実施している。

1級合格率は84.2%、2級84.4%で、ともに前年度を下回る

今年度の建設機械施工技術検定「実地試験」は、2017年8月19日~9月8日にかけて、全国10地区・13会場で実施された。

1級実地試験の結果は、以下の通り。

受検者数:1,540人、前年度比32.6%増
合格者数:1,296人、同28.6%増
合格率:84.2%、同2.6ポイント減

受検者数、合格者数ともに前年度より大きく増加した。合格者数は、1990年度の1,537人以降最多であった。しかし、合格率は、昨年度の86.8%より2.6ポイント下降した。

1級の合格基準は、操作施工法2科目および組合せ施工法について、各々60点以上である。

2級実地試験の結果は、以下の通り。

受検者数:5,103、前年度比1.3%増
合格者数:4,305、同2.8%減
合格率:84.4%、同3.5%減

受検者数はやや増加したものの、合格者数・合格率は前年度より減少した。

2級の合格基準は、操作施工法について、70点以上である。

日本建設機械施工協会より試験結果を通知

実地試験の合格者には合格通知書を、不合格者には不合格の旨と成績の通知を、一般社団法人日本建設機械施工協会より送付する。また、官報で受検番号を公告し、同時に同協会のホームページ・本部・支部等に掲示する。

なお、試験問題内容、個人得点等に関する問い合わせには一切応じていない。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

国土交通省のプレスリリース
http://www.mlit.go.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る