サンヨーホームズと日立、移動支援ロボットなどによる高齢者支援サービスの実証開始

更新1214

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. サンヨーホームズと日立、移動支援ロボットなどによる高齢者支援サービスの実証開始

サンヨーホームズと日立、移動支援ロボットなどによる高齢者支援サービスの実証開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月04日 22:00

IoT技術により歩行動作データを蓄積・解析し、見守りサービスとしての提供をめざす
2017年10月31日、サンヨーホームズ株式会社(以下、サンヨーホームズ)と株式会社日立製作所(以下、日立)は、高齢者の生活を支援する見守りサービスの実証(以下、同実証)を開始すると発表した。

同実証は、サンヨーホームズの屋内移動支援ロボット(以下、同ロボット)と日立のIoT技術および画像解析システムを活用して、歩行動作を把握し、見える化・フィードバックするシステムを提供することを目的として、大阪府豊中市のサンヨーホームズが運営するリハビリ施設において、2017年11月より約半年間実施する予定だ。
実証の概要
同ロボットは、天井に設置されたレール下を動く駆動装置で支持されたジャケットを着用することで、転倒した場合でもセンサーが感知し、大腿骨頚部や腰椎の骨折につながる衝撃を緩和するもので、骨折の心配な高齢者が、自分の力で歩けるように支え、筋力やバランス力が低下するのを防止する。

同実証では、高齢者のさまざまな歩行パターンのデータを蓄積して、同ロボットの事業化をめざす。

また、日立は、さまざまな分野で活用実績のある画像解析システムで高齢者の歩行パターンを解析し、歩行に関する情報をフィードバックする、高齢者向け見守りサービスの事業化をめざす。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

サンヨーホームズ ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2017/10/1031.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る