住友林業、林業用路網設計支援ソフト「FRD」を発売

更新619

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 住友林業、林業用路網設計支援ソフト「FRD」を発売

住友林業、林業用路網設計支援ソフト「FRD」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月03日 22:30

路網設計支援ソフト「FRD(Forest Road Designer)」を発売
住友林業株式会社は11月1日、路網設計支援ソフト「FRD(Forest Road Designer)」を発売する、と発表した。

出発地と目的地を入力すれば、線形案を自動設計
日本国内では地形が急峻な地域に山林や森林が多く、林業用路網の整備が不十分なため、林道や森林作業道の不足、林業従事者の不足などにより、森林管理や伐採した木材の運搬が容易ではない。

また、日本の林業用路網密度は、欧州と比べ5~7分の1程度という。

従来、林道や森林作業道を整備する場合、最初に紙の地形図上に林道の線形案を作成した上で、現地にて計画案を繰り返し検証し、路網の開設可能性を検討する。このため、多大な時間と労力、コストを要する。

住友林業は、時間短縮と労力、コストを削減するため、路網設計支援ソフトFRDを開発した。FRDは、航空レーザにより精密計測されたデータに基づき、林業用路網の設計をサポートする。

FRDは、事前にパラメータとして、縦断勾配、曲線半径、幅員、作業コストなどを設定し、出発地と目的地を入力すれば、線形案を自動的に設計できる。

また、計画時に崩壊の危険がある個所を回避設定すれば、安全な線形案の設計が可能となる。

この線形案に基づき現地調査をすることで、低コストで効率的な現地確認作業ができる。

本体価格はデータ整備・セットアップ費用を除き50万円で、初年度50件、年間100件の販売を目指すとのこと。

(画像は住友林業株式会社のHPより)


▼外部リンク

住友林業株式会社のニュースリリース
http://sfc.jp/information/news/2017/2017-11-01.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る