鹿島、コンクリートの耐凍害性を飛躍的に向上

更新1118

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 鹿島、コンクリートの耐凍害性を飛躍的に向上

鹿島、コンクリートの耐凍害性を飛躍的に向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月03日 05:15

コンクリート用添加材の合理的な添加手法を開発、寒冷地の現場に初適用
2017年10月30日、鹿島建設株式会社は、国立大学法人岩手大学、学校法人日本大学、デンカ株式会社と共同で、コンクリートの耐凍害性を飛躍的に向上させる新手法(以下、同手法)を開発したと発表した。

寒冷地におけるコンクリートには、内部に含まれる水分が凍結時の膨張と融解時の収縮を繰り返す際の圧力により、ひび割れや表面剥離(スケーリング)などの凍害が発生する。

その対策として、AE剤(界面活性剤の一種)などの化学混和剤を添加して微細な気泡をコンクリート中につくって、膨張・収縮の圧力を緩和する手法があるが、コンクリートの締固め作業や硬化過程で気泡が消失するのを防止し、全体的に適量の気泡を確実に残すには、高度な技術が必要であった。

合理的な添加手法の概要
同手法では、AE剤に代わり、アクリル系樹脂を原料とした中空微小球の材料である「KIND AIR」を、コンクリート性能に影響を及ぼさないように、コンクリート1立方メートル当たり1kg程度(球体の体積が1.0%に相当)添加する。

なお、「KIND AIR」はデンカ株式会社が開発したもので、コンクリートの締固めや硬化の過程で消失しないことが特長であるが、非常に軽量であるため、添加する際に舞い上がらないよう、水溶性の袋に梱包し、袋のまま生コン工場のミキサやアジテータ車(生コン車)に投入する。

寒冷地において、2016年7月に同手法を適用した擁壁の箇所は、厳冬期を経た現在でも凍害は発生しておらず、高い品質を維持していることが確認された。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

鹿島 プレスリリース
https://www.kajima.co.jp/news/press/201710/30c1-j.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る