オリックス、埼玉県で「松伏ロジスティクスセンター」を開発

更新720

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. オリックス、埼玉県で「松伏ロジスティクスセンター」を開発

オリックス、埼玉県で「松伏ロジスティクスセンター」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月03日 02:00

大規模マルチテナント型物流施設
2017年10月26日、オリックス株式会社は、不動産投資事業において、埼玉県に大規模マルチテナント型物流施設「松伏ロジスティクスセンター」(以下、同施設)を開発すると発表した。

同施設は、最大8テナントが入居できるマルチテナント型の物流施設で、最小区画として約2,500坪から賃借可能で、2019年春頃に竣工する予定だ。

また、所在地は、東京外環自動車道の三郷西インターチェンジ近くで、都心から30km圏内に位置し、東京近郊と首都圏を結ぶ国道16号線の内側で、また、国道4号線にもアクセスしやすく、交通の混雑状況に応じて配送ルートを選択できるため、東京都内への配送拠点として優れている。
「松伏ロジスティクスセンター」の概要
同施設は、1フロア約5,800坪・地上4階建てで、1階と3階の倉庫中央に車路とトラックバースを備え、4階部分には従業員が利用できるラウンジや、快適な屋内の休憩室と開放感のある屋外テラスを設置し、館内は全館LED照明および非常用発電機を採用して、入居企業の消費電力削減とBCPに対応している。

また、大人数での研修や催事等にも対応可能な多目的室、24時間利用可能なシャワールームや、無料の無線LAN環境などを配備している。

さらに、託児所の設置も可能で、敷地内には従業員駐車場を設置するなど、働きやすい職場環境を整え、各テナントの職員採用活動をサポートする。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

オリックス プレスリリース
https://www.orix-realestate.co.jp/news/pdf/press_171026.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る