カナディアン・ソーラー、南アフリカ共和国・ロベン島に太陽光発電モジュールを供給

更新1124

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. カナディアン・ソーラー、南アフリカ共和国・ロベン島に太陽光発電モジュールを供給

カナディアン・ソーラー、南アフリカ共和国・ロベン島に太陽光発電モジュールを供給

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月01日 22:15

南アフリカにおいて最大規模の太陽光発電システムとリチウムイオンストレージを保有
2017年10月26日、Canadian Solar Inc.(以下、カナディアン・ソーラー)は、南アフリカ共和国西ケープ州ケープタウン郊外にあるロベン島(以下、同島)に建設された太陽光発電所(以下、同発電所)に666.4kWの太陽光発電モジュールを供給したと発表した。

同発電所は、南アフリカにおいて最大規模の太陽光発電システムとリチウムイオンストレージを保有し、同島のCO2排出量を少なくとも820トン削減するとのこと。

なお、同島は、ネルソン・マンデラ氏が18年間投獄された高セキュリティ刑務所で、現在はユネスコの世界遺産に指定されている。

太陽光発電所の概要
同発電所は、同国観光省のEPCパートナーであるSOLA Future Energy社によって設計・建設され、カナディアン・ソーラーの高効率太陽光発電モジュール「CS6U-340M」が1960枚使用されており、総出力666.4kWとなる。

同島では、年間およそ200万kWhの電力が使用されており、同発電所は、年間およそ100万kWhの電力を生成して、ディーゼル車と島への輸送コストを大幅に削減するとのこと。

(画像はカナディアン・ソーラー公式ホームページより)


▼外部リンク

カナディアン・ソーラー ニュースリリース
https://canadiansolar.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る