大成建設、芝生育成環境シミュレーションシステム「T-Heats Turf」の機能を改善

更新1118

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大成建設、芝生育成環境シミュレーションシステム「T-Heats Turf」の機能を改善

大成建設、芝生育成環境シミュレーションシステム「T-Heats Turf」の機能を改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月24日 13:00

夏期の芝生品質向上のための換気計画を適切に立案
2017年10月18日、大成建設株式会社は、日射、風、気温、湿度といった芝生育成環境に関する総合的なシミュレーションシステム「T-Heats Turf」(以下、同システム)の機能を改善したと発表した。

近年、スポーツスタジアムの形状は、収容人数の増加に伴う大型化や、多目的利用のための観客席上部への屋根設置などで、芝生面への日射量や風通しに大きく影響を及ぼしている。

このため、同社は、2015年に同システムを開発し、日射やスタンド等からの熱放射解析と芝生表面の熱収支解析に、スタジアム内外の気流・温湿度解析を手作業で連成させながら、スタジアム形状設計に利用してきたが、手作業の解析を自動的に実行させることで、より現実に近い状態を短い時間で解析できるシステムを構築した。
「T-Heats Turf」の機能改善による効果
同システムは、シミュレーション精度が向上されるとともに、モデル作成を含めた計算時間が約5分の1に短縮され、設計段階において形状変更の影響を繰返し検証することが可能となった。

また、夏期の風通しや芝生表面の高温状態など、芝生育成に不適切な環境などが点在する既存スタジアムに対し、芝生品質に影響を及ぼす環境を詳細に把握でき、その要因を検証して対策案を立案できる。

さらに、芝生専用大型送風機の首振り運転によるグラウンド上での風の変化を捉え、芝生表面温度が低下する程度を検討できるため、送風機の適正配置や効果的な省エネルギー運転計画が可能になる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大成建設 プレスリリース
http://www.taisei.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る