大成建設、全工事現場にICTを導入し、業務効率の改善に成功

更新1124

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大成建設、全工事現場にICTを導入し、業務効率の改善に成功

大成建設、全工事現場にICTを導入し、業務効率の改善に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月19日 19:00

他社に先駆けてICTを現場に導入
大成建設は10月18日、全ての建築工事現場にICTを導入した結果、生産性を大幅に向上させたと発表した。

東京五輪関連の案件や市街地再開発事業の増加などによって、建築業界では業務効率の向上が大きな課題となっている。このためICTの活用が進められているが、導入スピードは緩やかなのが現状だ。

大成建設は建設業界のなかでも、最も早い時期からインターネットを利用したプラットフォームを開発・整備し、ICTの進歩や社会的要求に合わせ発展させてきた。

現在では、全ての建築工事現場にICTを活用していることが強みとなっており、「ASP・SaaS・クラウドアワード2011」のユーザ部門で初代総合グランプリを受賞するなど、その活動が評価されている。

大成建設のICT導入・3つの試み
大成建設のICT導入の主な試みは、次の3つ。第1は、現場事務所や社内外のプロジェクト関係者間で利用する情報共有ネットワーク「作業所Net」。他の建設会社に先駆けて、2003年度といち早い導入を実現した。

現在では建築工事における施工図や工事記録などの情報を一元管理させた業界最大級のクラウドサービスに成長しており、約700か所に及ぶ全ての建築工事現場で稼働している。

第2は、iPadなどの携帯端末を使って施工管理情報の閲覧や記録作成を行うアプリ「Field Pad」の運用。「作業所Net」との連携アプリとして、iPad発売以前の2008年からアプリの開発に着手し、2011年に運用を開始した。

第3は2016年度から新たに採用した「Process Control」。受注から設計、施工、維持管理までの全プロセスを見える化し、プロセスごとに作成された書類を管理し、活用しやすいようにサポートする社内システムである。このシステムも既に、国内外の全ての建築工事現場に適用されている。

大成建設は、2017年度からICTを柱とした生産性向上と技術革新への取り組みを「TAISEI i-Innovation」と名付け、全社を挙げて活動を進めている。さらに今後も、ICTを活用した業務スタイルの改革に取り組んでいく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大成建設のプレスリリース
http://www.taisei.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る