東芝 サウジアラビア原子力発電所に共同提案

更新721

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東芝 サウジアラビア原子力発電所に共同提案

東芝 サウジアラビア原子力発電所に共同提案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月15日 03:00

共同提案を行う契約を締結
株式会社東芝は9月9日、グループ会社であるアメリカ・ウェスチングハウス社がアメリカ大手電力会社の子会社であるエクセロン・ニュークリア・パートナーズとサウジアラビア王国に対して原子力発電所新規建設の共同提案を行う契約を締結したことを発表した。
(この画像はイメージです)

受注獲得に意欲
プレスリリースでは
サウジアラビアでは、2010年4月にアブドラ国王原子力・再生エネルギー都市注設立され、2030年までに16基の原子力発電所の建設が計画されるなど、原子力発電所に関する関心が高まっております。(株式会社東芝プレスリリースより引用)

と説明。

東芝は2010年7月にすでにエクセロン社とサウジアラビアにおける原子力発電所建設について共同提案体制構築の契約を締結。今回、ウェスチングハウス社を加えた共同提案体制を整えたことで、受注を目指すものとしている。

▼外部リンク

株式会社東芝 プレスリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2013_09/pr_j0901

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る