MHPS、世界最長級の蒸気タービンを開発

更新1024

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. MHPS、世界最長級の蒸気タービンを開発

MHPS、世界最長級の蒸気タービンを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月19日 07:00

大きなパワーを発揮する74インチタービン
三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は9月15日、原子力発電所に取り付ける蒸気タービンを開発したと発表した。今回開発したのは、74インチ(1,880ミリメートル)蒸気タービン最終段動翼で、この長さのタービンは、世界でもトップレベルとなる。

これまでは54インチ(1,375ミリメートル)最終段動翼が最長だったが、74インチが加わることで、蒸気タービンのラインアップの拡充を実現した。

74インチ動翼を採用した蒸気タービンは、現在主流となっている120万キロワット級原子力発電所に加え、さらに大規模な150万キロワット以上の原子力発電所にも適用できる。

74インチタービンを120万キロワット級の原子力発電所に適用すれば、54インチタービンに比べて翼長が増大するため、より多くの電気が生み出せる。

また敷地の広さが不十分な場合でも、高効率なこのタービンを採用すればタービン車室数を減らせるため、よりコンパクトな発電設備の設計が可能となる。

他社に先駆けて開発に成功
74インチの動翼は、MHPSがいち早く開発に取り組んできた。これまでに蒸気実負荷試験を含む各種の検証試験を終了しており、今回、最終確認となる試験項目である回転振動試験を完了させた。

回転振動試験では実物大の試験ローターに74インチ動翼を組み込み、実際の運転回転数で動かして翼の振動特性を検証した。

試験はMHPSが誇る世界最大級の高速バランス試験設備を用いて行われ、74インチ動翼が当初の計画通りの振動特性を備えいることと、安全運転が可能であることが確認された。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三菱日立パワーシステムズ株式会社のプレスリリース
http://www.mhps.com/news/20170915_02.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る