伊藤忠商事、大阪ガス、三井造船、千葉県にバイオマス発電所を建設

更新1017

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 伊藤忠商事、大阪ガス、三井造船、千葉県にバイオマス発電所を建設

伊藤忠商事、大阪ガス、三井造船、千葉県にバイオマス発電所を建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月16日 08:00

49.9メガワットのバイオマス発電所
伊藤忠商事、大阪ガス、三井造船の3社は9月15日、バイオマス発電所を建設すると発表した。稼働開始は2020年10月の予定だ。

建設地は千葉県市原市にある、三井造船千葉事業所の敷地内。パーム椰子殻(PKS)と木質ペレットを燃料に、発電容量49.9メガワットのバイオマス発電所を建設する。

事業運営会社「市原バイオマス発電株式会社」を設立
今回の発電事業にあたり、3社は共同出資を行って事業運営会社として「市原バイオマス発電株式会社」を設立した。出資比率は伊藤忠商事が39%、大阪ガスが39%、三井造船が22%。なお、事業資金の一部はノンリコースのプロジェクトファイナンスによって調達する。

この事業では三井造船が施工および運転・保守、伊藤忠商事がバイオマス燃料の供給を担当する。さらに大阪ガスの発電所運営の実績を組み合わせることで、各社の強みを生かした安定的な電力供給を目指す。

3社は今後も、
国内外における再生可能エネルギーを活用した事業を積極的に推進することで、地球温暖化の防止と循環型社会の形成に貢献
(プレスリリースより)

していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

伊藤忠商事株式会社、大阪ガス株式会社、三井造船株式会社のプレスリリース
http://www.mes.co.jp/press/2017/20170915.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る