日立製作所、障害物が多い製造現場でも高品質な回転偏波無線機の試作に成功

更新1024

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日立製作所、障害物が多い製造現場でも高品質な回転偏波無線機の試作に成功

日立製作所、障害物が多い製造現場でも高品質な回転偏波無線機の試作に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月13日 19:00

IoTシステムの信頼性向上に貢献
2017年9月11日、株式会社日立製作所は、コンクリートや金属などが密集し電波が届きにくい製造現場でも、高品質な通信を実現する、回転偏波無線機(以下、同試作機)の試作に成功したと発表した。

近年は、製造現場において、機器に設置されたセンサーと無線通信ネットワークにより、機器の稼働状態を監視・制御するIoTシステムの普及が進んでいるが、これまでの無線通信では、製造現場のレイアウトや送受信機の配置によって電波が届きにくい地点があった。

同社の工場(270m×30m×20m)において、同試作機の実証実験を行ったところ、従来の無線通信では金属構造物などに電波が反射して通信困難な地点が複数あったが、同試作機では、全ての地点で良好な通信が可能になることが確認された。
回転偏波無線機の概要
回転偏波は、電波の振動方向(偏波)が回転することで、さまざまな障害物がある環境でも電波を到達可能とする通信方式だ。

同技術を無線通信の受信機に用いることで、送信された回転偏波から、最適な偏波を自動で選択して受信することが可能なため、障害物の有無やレイアウトなどの影響を受けずに、良好な通信品質を維持可能な無線機を試作した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立製作所 ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2017/09/0911.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る