三菱重工の合弁会社、ドイツ北海沖合発電所向け洋上風力発電設備を31基受注

更新924

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三菱重工の合弁会社、ドイツ北海沖合発電所向け洋上風力発電設備を31基受注

三菱重工の合弁会社、ドイツ北海沖合発電所向け洋上風力発電設備を31基受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年08月31日 10:15

離岸距離が大きくより深い海域で、より大きく強力な風力発電設備が必要とされるドイツ市場
2017年8月28日、三菱重工業株式会社は、同社とデンマークのヴェスタス社とで折半出資する洋上風力発電設備合弁会社MHI Vestas Offshore Wind A/Sが、ノースランド・パワー社(Northland Power Inc.)向けに、世界最大出力8,000kW級の洋上風力発電設備V164-8.0MW(以下、同洋上風力発電設備)を31基受注したと発表した。

ノースランド・パワー社は、カナダのトロントに本拠を置く独立発電事業者(IPP)で、ドイツの北海沖合において、総出力25万2,000kWのドイチェ・ブッフト洋上風力発電所(Deutsche Bucht、以下、DeBu発電所)プロジェクトを進めている。

同洋上風力発電設備は、同プロジェクトを担う中核設備で、2019年後半の運転開始を予定している。

ドイツ北海沖合は、離岸距離が大きくより深い海域があるために、より大きく強力な風力発電設備が必要とされるとのこと。

洋上風力発電設備V164-8.0MWの受注概要
DeBu発電所は、ドイツのエムス河口に近いボルクム(Borkum)島の北西約95kmに位置しており、契約には15年間の保守サービスも含まれている。

同発電所は、17万8,000世帯超に電力を供給できるとともに、年間36万トン超のCO2削減効果も期待され、ドイツ政府のCO2削減目標達成に貢献する。

(画像は三菱重工公式ホームページより)


▼外部リンク

三菱重工 ニュースリリース
http://www.mhi.co.jp/news/story/170828.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る