双日、メキシコ最大級の太陽光発電事業に日本企業として初参画

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 双日、メキシコ最大級の太陽光発電事業に日本企業として初参画

双日、メキシコ最大級の太陽光発電事業に日本企業として初参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年08月13日 23:00

メキシコで太陽光発電を開発する企業の株式66.7%を取得
双日株式会社は8月9日、メキシコ合衆国における太陽光発電所の運営を目的として、オランダ王国に本社を置く太陽光発電開発事業者のアルテン・アメリカ社(Alten RE Developments America)の株式66.7%を、アルテン社(Alten Renewable Energy Developments)から取得した、と発表した。

アルテン・アメリカ社の残りの株式33.3%は、アルテン社が保有する。

出力180MWと168MWのメキシコ最大級の太陽光発電所
メキシコは世界で有数の太陽光資源の保有国であり、政府も再生可能エネルギーの導入比率を2035年までに40%へ高める方針で、今後とも太陽光発電市場の成長が期待できる。

双日は、今回の株式取得により、メキシコ最大級の太陽光発電プロジェクトに参画する。日本企業初のメキシコにおける太陽光発電事業の参画になる、という。

太陽光発電プロジェクトは、メキシコのアグアスカリエンテス州エルジャノ市において、出力180MWのCubico Alten Aguascalientes Unoと、出力168MWのCubico Alten Aguascalientes Dos、2つの太陽光発電所を建設する計画である。

電力は、PPA(長期売電契約)に基づき、メキシコ国営電力公社CFE(Comisión Federal de Electricidad)の100%子会社に、電力およびクリーン電力証書を販売する、とのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

双日株式会社のニュースリリース
http://www.sojitz.com/jp/news/2017/08/20170809.php

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る