丸紅など、インドネシアで大型複合火力発電所建設案件を受注

更新925

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 丸紅など、インドネシアで大型複合火力発電所建設案件を受注

丸紅など、インドネシアで大型複合火力発電所建設案件を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年07月20日 16:00

タンバロロック複合火力発電所Block3プロジェクトの一括建設請負契約を受注
丸紅株式会社は7月19日、General Electric社(GE)およびPT Hutama Karya(Persero)社(HK)と共同で、インドネシア国有電力会社PT PLN(Persero)社(PLN)の完全子会社であるPT Indonesia Power(Persero)社(IP)より、タンバロロック複合火力発電所Block3プロジェクトに関する一括建設請負契約を2017年7月14日に受注した、と発表した。

総受注額約410億円、出力約780MWの新規複合火力発電所
インドネシアは、経済成長に伴い、電力需要が急増しており、発電設備の増強が数多く計画されている。今回のプロジェクトは、その計画の1つである。

タンバロロック複合火力発電所Block3プロジェクトは、インドネシア中部ジャワ州スマランにおいて、既存発電所に出力約780MWの新規複合火力発電所を建設するもの。

IPによる過去最大規模のプロジェクトで、総受注額は約410億円である。

丸紅は、インドネシアで今回のプロジェクトを含め合計約7,600MWの発電所建設実績と、独立系発電事業者(IPP)の事業においても持分約1,500MWの発電容量を保持している。これらの実績により、今回の受注に至ったという。

受注契約は、発電所の設計、調達、土木・据付工事、試運転までを手掛けるフル・ターンキーである。

GEはガスタービン・蒸気タービン、発電機等の主要機器の納入、HKは土木工事、丸紅は排熱回収ボイラーを含む関連補機の調達や据付工事等の取りまとめを行う。

今回のプロジェクトは、丸紅とGEとが初めて共同開発する大型複合火力発電所建設のEPC(設計、調達、建設)案件であり、今後も良好なパートナーシップを発展させたいとしている。

プロジェクトの完工は、2020年中の予定とのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

丸紅株式会社のニュースリリース
http://www.marubeni.co.jp/news/2017/release/201707191.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る