明電舎、インド州電力会社へ400kVの変圧器を初出荷

更新1216

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 明電舎、インド州電力会社へ400kVの変圧器を初出荷

明電舎、インド州電力会社へ400kVの変圧器を初出荷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年07月17日 13:00

インドの電力市場へのさらなる事業拡大が見込まれる
2017年07月13日、株式会社明電舎(以下、明電舎)は、インドにある変圧器製造・エンジニアリング会社であるプライム明電(以下、PML)が、2017年7月11日、インドのアンドラ・プラデ-シュ州電力会社へ400kV315MVAの変圧器(以下、同製品)を出荷したと発表した。

同製品は、相数3、周波数50 Hz、定格電圧400/220/33 kV、定格容量315/315/105 MVA、冷却方式が送油風冷式の単巻変圧器であり、明電グループで製造する変圧器では最大電圧クラスだ。

同製品は、州電力会社へは初出荷であるが、2017年3月に定格容量270MVAを発電会社に初納入したことに続いて2台目の実績となり、今後の超高圧大形変圧器の拡販が期待でき、インドの電力市場へのさらなる事業拡大が見込まれる。
プライム明電について
PMLは、電力用変圧器製造および変電EPCを事業内容とし、2014年4月1日に設立され、ハリナヤ州グルガオンに所在し、従業員数は425名(2016年12月末日現在)だ。

明電舎は、PMLのインド立地条件の優位性を考慮し、今後の事業を拡大・加速するために、2016年6月にPML株式を追加取得して子会社化した。

なお、PMLでは、従来中形変圧器の生産を主体としてきたが、変電需要の増加が見込まれるインドでの事業拡大を目的に、400kVの大形変圧器の生産体制を整えた。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

明電舎 ニュースリリース
http://www.meidensha.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る