NEDO事業、GPSマーカーとドローンを連携させた測量システムを開発、商用化へ

更新924

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. NEDO事業、GPSマーカーとドローンを連携させた測量システムを開発、商用化へ

NEDO事業、GPSマーカーとドローンを連携させた測量システムを開発、商用化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年07月01日 15:00

現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減
2017年6月30日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)は、NEDO事業の成果を活用して、エアロセンス株式会社(以下、エアロセンス)が、GPS付き対空標識「エアロボマーカー」を開発したと発表した。

さらに、エアロセンスは、エアロボマーカーとドローンによる測量、クラウドデータ処理を統合したパッケージシステム「エアロボ測量2.0」を開発し、レンタル・販売予約を7月より開始する。

なお、土木・建設業界では人手不足が大きな課題となっており、国土交通省は、建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す取組であるi-Constructionを推進している。

エアロボマーカーを建設現場に置くと、これまで手間が掛かっていた建設現場での測量工数を省いて、簡単に座標標識を設けることができ、データ後処理工数が削減されるため、i-Constructionの普及に貢献すると期待される。
エアロボマーカーの概要
エアロセンスは、NEDO事業で開発した「GPSマーカー・GPSマーカーの制御ソフト・高精度測位アルゴリズム」の成果を活用したGPS付きマーカーと、同社で開発した「ドローンとクラウドデータ処理」を統合し、「エアロボ測量」システムおよび「エアロボ測量2.0」を開発した。

エアロボ測量2.0は、位置情報と3Dモデルとの対応処理を自動化させ、エアロボマーカーを現場に置くだけでドローン飛行中にエアロボマーカー自体の位置を高精度に測位し、さらに独自のクラウド後処理と組み合わせ、建設現場での測量工数とデータ後処理工数を削減できるシステムだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

NEDO ニュースリリース
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100792.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る