三恵エナジー、日本初の2Mパームオイル発電所が稼働開始

更新1024

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三恵エナジー、日本初の2Mパームオイル発電所が稼働開始

三恵エナジー、日本初の2Mパームオイル発電所が稼働開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月24日 09:00

非食用パームオイルを燃料とする「三恵福知山バイオマス発電所」を建設
三恵エナジー株式会社は6月22日、京都府福知山市に非食用パームオイルを燃料とする「三恵福知山バイオマス発電所」を建設し、6月30日竣工式を行う、と発表した。

パームオイル発電量は同規模の太陽光発電の6倍
三恵エナジーは、京都府福知山市に、日本初となるの2Mパームオイル発電所「三恵福知山バイオマス発電所」を建設した。運用計画、設計から建設までのすべてをサポートする。

パームオイル発電は、太陽光発電や風力発電と異なり、燃料としてパームオイルがあれば天候や時間に左右されることなく発電でき、環境負荷が小さく、長期・安定的に収益を見込むことができる。

他の発電施設と比べ、狭い敷地面積に設置可能なため、初期導入コストを抑えることが可能である。

太陽光発電との比較では、同規模の発電施設であれば、パームオイル発電量は太陽光発電の6倍であるという。

三恵福知山バイオマス発電所は、発電出力1,760kWで、一般家庭約2,600世帯の消費電力に相当する。

マレーシア、インドネシアから、バイオ燃料となる良質な非食用パームオイルの安定調達ルートを開拓したため、安定した発電事業が可能になったとのこと。

三恵エナジーは、再生可能エネルギー固定価格買取制度の認定取得、電力申請のコンサルティング、燃料の安定調達のアドバイスなどを行い、グリーン・エネルギー発電事業への新規参入をサポートする、という。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三恵エナジー株式会社のニュースリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/130804

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る