プライメタルズ テクノロジーズ、パキスタンのアグハ鉄鋼から棒鋼圧延プラントを受注

更新1024

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プライメタルズ テクノロジーズ、パキスタンのアグハ鉄鋼から棒鋼圧延プラントを受注

プライメタルズ テクノロジーズ、パキスタンのアグハ鉄鋼から棒鋼圧延プラントを受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月27日 21:00

パキスタン国内市場向け鉄筋製造用の棒鋼圧延プラント
2017年5月25日、プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies, Limited)は、パキスタンの鉄筋・棒鋼メーカーであるアグハ鉄鋼(Agha Steel Industries、以下、ASI)より、パキスタン・カラチ近郊のポート・カシム工場向けに新設の棒鋼圧延プラント(以下、同プラント)を受注したと発表した。

プライメタルズ テクノロジーズは、同プラントのエンジニアリング全般を担当し、各機器及びシステムを納入と共に、アグハ鉄鋼が担当する組立及び試運転のサポートを行う。

同プラントの年産能力は30万トンで、熱間試運転を2018年中頃に予定している。
棒鋼圧延プラントの概要
同圧延プラントは、断面130ミリメートル角、最長12メートルのビレットから最終製品である直径8~40ミリメートルの鉄筋・棒鋼の生産が可能だ。

圧延機の圧延速度は最速で毎秒13メートル、棒鋼圧延能力は最大で毎時50トンで、最終製品である棒鋼は結束された状態で重量3~4トン、長さ6~16 メートルになる。

また、圧延ラインは、加工処理の生産計画最適化によって、圧延ロールの摩耗も均一化される。

さらに、連続鋳造機で鋳造されるビレットの加熱用として、2系統の加熱処理ルートと、そのコントロール用の高効率加熱システム(EHS)が新たに装備され、圧延に必要な温度まで均一かつ正確に制御加熱を行って操業コストも大きく削減される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プライメタルズ テクノロジーズ プレスリリース
http://www.primetals.co.jp/japan/press/pdf/20170525.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る