栗田工業、「乾式メタン発酵技術」の技術検証・確認を完了

更新1216

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 栗田工業、「乾式メタン発酵技術」の技術検証・確認を完了

栗田工業、「乾式メタン発酵技術」の技術検証・確認を完了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月27日 14:00

廃棄物処理に係わる技術を検証・確認し、技術情報を提供することで清掃事業の技術を向上
2017年5月26日、栗田工業株式会社は、公益社団法人全国都市清掃会議(以下、全都清)へ申請していた「乾式メタン発酵技術(KURITA DRANCO PROCESS)」(以下、同発酵技術)の技術検証・確認が、2017年5月23日に完了したと発表した。

同発酵技術は、都市ごみ中に含まれる生ごみ、紙ごみ類および草木類等を対象として、同社が1999年にベルギー王国のOrganic Waste Systems社から導入した原料供給設備およびメタン発酵設備の基幹技術と、既に国内で実績のある周辺技術から構成されている。

全都清では、廃棄物処理に係わる技術を検証・確認し、地方公共団体へ技術情報を提供することで全国の清掃事業の技術向上を推進している。
乾式メタン発酵技術の検証・確認の結果概要
同発酵技術は、欧州を中心に26施設の稼働実績を有しており、多くの施設では日本よりメタン発酵条件が悪いごみを処理し、長期に安定運転していることから、日本のごみに適用可能な技術である。

また、廃棄物の処理及び清掃に関する法律などの要求事項に適合可能と判断される。

なお、同発酵技術は、多様な廃棄物からバイオガスを回収し、燃料や電力として効率的に利用できる利点がある。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

栗田工業 プレスリリース
http://www.kurita.co.jp/aboutus/press170526-2.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る