三菱ふそう、日本初!川崎工場に電気トラック用急速充電設備を開設

更新1122

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三菱ふそう、日本初!川崎工場に電気トラック用急速充電設備を開設

三菱ふそう、日本初!川崎工場に電気トラック用急速充電設備を開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月17日 06:00

川崎工場内に日本初の電気トラック用急速充電設備を開設
三菱ふそうトラック・バス株式会社(三菱ふそう)は5月10日、電気小型トラック「eCanter」の量産開始を前に、神奈川県川崎市中原区の川崎工場内に日本初の電気トラック用急速充電設備を開設し、記念式典を行った、と発表した。

電気トラック8台分の充電設備
現在日本全国で、電気自動車向け急速充電設備は約7,000か所あるが、ほとんどは乗用車向けである。

三菱ふそうは、電気トラック「eCanter」を今年9月発表予定である。その販売前に、日本国内で初めて電気トラック用の急速充電設備を川崎工場内の2か所に設け、電気トラックのユーザが利用可能な環境を整えた。

急速充電設備の名称は「EV Power Charger(EVパワーチャージャー)」で、稼働時間は24時間を予定しているという。

充電器は、CHAdeMO方式の出力50kW、直流50-500V、125Aを7台、CHAdeMO/COMBO方式併用の出力50kW、直流50-500V、125Aを1台、計8台分準備した。

また、川崎工場には、面積5,000平方mの最大出力680kW太陽光発電施設を備えており、CO2排出ゼロの充電環境にあるとのこと。

記念式典には、 国土交通省自動車局次長、経済産業省製造産業局長、川崎市長など関係者が多数出席したとのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三菱ふそうトラック・バス株式会社のニュースリリース
http://www.mitsubishi-fuso.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る