日本工営、シンガポール水力発電事業投資会社に出資

更新922

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日本工営、シンガポール水力発電事業投資会社に出資

日本工営、シンガポール水力発電事業投資会社に出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月10日 12:00

アジア地域の水力発電事業に参入
日本工営は、5月8日、シンガポールの水力発電事業投資会社「Ironmont Hydro Pte. Ltd.」(以下、アイロンモントハイドロ社)へ出資し、アジア地域の中小水力発電事業に参画することを発表した。

日本工営の役割
アイロンモントハイドロ社は、インドネシアを含むアジア全域にて水力発電事業投資、管理、開発を手掛けている。また、インドネシアで複数の発電事業を開発、運営している水力発電事業者「PT. Arkora Hydro」(以下、アルコラ社)へ出資参画している電力事業投資会社だ。

日本工営は、アイロンモントハイドロ社の経営や投資判断に関与し、建設計画や実施までの技術や民間資金活用のノウハウをベースに、インフラ開発を推進するだけでなく、有望な水力発電事業者や事業案件の発掘等を計画している。

さらに、アルコラ社などが手掛ける複数の中小水力発電事業開発に関して、技術検討および施工監理等のサービス提供を推進していく考えだ。

アジア地域で再生可能エネルギーを普及
日本工営は、アジア新興諸国におけるエネルギー市場に重点を置き、積極的に事業を展開していきたいとしている。

また、今後、現地人財の育成にも取り組むことで、アジア地域の再生可能エネルギー普及拡大に努める方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日本工営 プレスリリース
http://pdf.irpocket.com/C1954/wReJ/BrPX/QMkY.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る