シグマパワー有明、福岡県の石炭火力発電所をバイオマス発電所にリニューアル

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. シグマパワー有明、福岡県の石炭火力発電所をバイオマス発電所にリニューアル

シグマパワー有明、福岡県の石炭火力発電所をバイオマス発電所にリニューアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月28日 16:00

東芝グループ初のバイオマス発電所
株式会社東芝の子会社株式会社シグマパワー有明は4月27日、福岡県大牟田市における石炭火力発電所、三川発電所をリニューアルし、グループ初のバイオマス発電所として営業運転を開始した、と発表した。

出力5万kWのバイオマス発電所、年間約30万tのCO2を削減
三川発電所は、東芝グループが三井石炭鉱業株式会社より買い受けた三井石炭火力発電所を、東芝が2005年設立した株式会社シグマパワー有明が運営する出力4.75万kWの石炭火力発電所であった。2008年、木質バイオマスと石炭の混焼による発電を開始した。

今回のリニューアルにより、三川発電所は、東芝グループが運営する初のバイオマス発電所となった。発電出力は5万kWで、一般家庭約8万戸の消費量に相当する電力を供給する。タービンと発電機は、東芝製である。

バイオマス発電所の主燃料は、パーム椰子殻(PKS:Palm Kernel Shell)を採用し、主としてインドネシアから輸入する。CO2排出量を、従来比で年間約30万t削減できるという。

2020年環境省「環境配慮型CCS実証事業」における大型実証試験を実施
東芝は、三川発電所を、CO2分離回収技術開発や高効率発電機器の実証に活用する。

環境省の「平成28年度環境配慮型CCS実証事業」に代表事業者として採択されており、2020年三川発電所に、大型実証試験のためCO2分離および回収設備の導入を完了する予定である、とのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社東芝のニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る