清水建設、BM業務を効率化「s-BMマスター」を新開発

更新1017

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 清水建設、BM業務を効率化「s-BMマスター」を新開発

清水建設、BM業務を効率化「s-BMマスター」を新開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月21日 16:15

建物情報を一元化
清水建設は、4月19日、ビル管理(BM)事業を手掛けるグループ会社「シミズ・ビルライフケア(以下、SBLC社)」と共同で、建物維持管理支援システム「s-BMマスター」を開発したことを発表した。

これまで、建物の維持管理にて設備機器の状況確認が必要となった場合、対象機器の情報を設備機器台帳や竣工図等から検索した上で、読み解いていた。しかし、この作業には、熟練者が不可欠かつ時間もかかるといった課題が挙げられていた。

新システム概要
「s-BMマスター」は、空調・衛生・電気・建築設備機器のメーカー、型番、仕様などをリスト化した設備機器台帳をベースに、BIMデータ、竣工図書や修繕・改修記録、不具合対応記録や機器点検手順書、維持保全計画等の電子データを紐づけした「建物維持管理支援システム」だ。

必要な情報は、機器や設備系統を色分け表示した3次元図面等により、効率良く、迅速に取得できることから、緊急時であっても即座に適切な対応ができるようになったという。

BM受託をさらに拡大
新システムは現在、SBLC社がBM業務を受託している「京橋エドグラン」に導入され、業務効率向上に貢献中だ。

なお、清水建設では今後、新システムをBM業務効率化に向け、積極的に提案し、建物の新築から竣工後の維持管理も含めたトータルソリューション提供に努める方針である。

(画像は清水建設のホームページより)


▼外部リンク

清水建設 プレスリリース
http://www.shimz.co.jp/news_release/2017/2017005.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る