平成25年7月の住宅着工の動向を発表、国土交通省

更新223

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 不動産・住宅>
  4. 平成25年7月の住宅着工の動向を発表、国土交通省

平成25年7月の住宅着工の動向を発表、国土交通省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月04日 09:00

平成25年7月の住宅着工の動向
国土交通省が8月30日に、平成25年7月の住宅着工の動向を発表した。

7月の住宅着工は、持家と貸家、そして分譲住宅のそれぞれが増加となったため、全体で増加となった。

7月の住宅着工戸数は、84,459戸で前年の同月と比較すると12.0%増。また季節調整済年率換算値では97.5万戸で前月と比べると0.1%減だ。

利用関係別でみた場合にも、持家、貸家、分譲住宅の全てが前年の同月と比較して増加となっている。

(画像は国土交通省 プレスリリース)

今後の状況について
この調査結果から住宅着工の動向については、平成21年度にリーマンショックを受け大幅な下落をした頃から、ここ数年は緩やかな持ち直しの傾向が続いてきた。現在はアベノミクスによる顧客の消費マインドの改善等もあって、堅調に推移した。

今後については消費税の増税や、雇用・所得環境などの影響、東日本大震災からの復興、建設労働者の需給状況、住宅ローン金利等を引き続き慎重に見極めていく必要がある。
【結果概要】
●持家
前年同月比では11か月連続の増加(前年同月比11.1%増、季節調整値の前月比1.1%増)。
● 貸家
前年同月比では5か月連続の増加(前年同月比19.4%増、季節調整値の前月比3.8%減)。

● 分譲住宅
前年同月比では3か月連続の増加(前年同月比4.3%増、季節調整値の前月比5.9%減)。
● 分譲マンション
前年同月比では3か月連続の増加(前年同月比0.6%増)。
(平成25年7月の住宅着工の動向より引用)



▼外部リンク

国土交通省 平成25年7月の住宅着工の動向
http://www.mlit.go.jp/common/001008928.pdf
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る