JFEエンジニアリング、福島ガス発電よりLNG気化設備等増設工事一式を受注

更新1122

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. JFEエンジニアリング、福島ガス発電よりLNG気化設備等増設工事一式を受注

JFEエンジニアリング、福島ガス発電よりLNG気化設備等増設工事一式を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月13日 20:00

現在建設中のJAPEXの「相馬LNG基地」の気化能力を増強
2017年4月12日、JFEエンジニアリング株式会社は、福島ガス発電株式会社(以下、FGP)より、LNG気化設備等増設工事一式(以下、同工事一式)を受注したと発表した。

FGPは、石油資源開発株式会社(以下、JAPEX)、三井物産株式会社、大阪ガス株式会社、三菱ガス化学株式会社および北海道電力株式会社の5社の出資で設立され、2016年10月に事業化が決定された「福島天然ガス発電所」(以下、同発電所)の2017年の建設着工と、2020年春の商業運転開始に向けて、準備と手続き等を進めている。

このたび受注した同工事一式は、同発電所の運転開始に合わせて、隣接する現在建設中のJAPEXの「相馬LNG基地」の気化能力を増強するもの。
工事の概要
工事内容は機器・配管工事(気化器、ポンプ、配管他)、電気計装工事、土木工事他のLNG基地プラント設備一式で、工期は2017年3月~2020年8月。

また、同社は、JAPEX相馬LNG基地と新潟・仙台ガスパイプラインの約40kmを結ぶパイプラインを2015年4月に受注し、2017年度中の完成を予定して施工中だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

JFEエンジニアリング ニュースリリース
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2017/20170412093932.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る