プライムポリマー、初の海外拠点!シンガポールで「エボリュー(TM)」プラント竣工式

更新926

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プライムポリマー、初の海外拠点!シンガポールで「エボリュー(TM)」プラント竣工式

プライムポリマー、初の海外拠点!シンガポールで「エボリュー(TM)」プラント竣工式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月13日 00:00

メタロセンポリマー「エボリュー(TM)」プラントの竣工式
株式会社プライムポリマーのシンガポール現地法人Prime Evolue Singapore Pte. Ltd.(EVLS)は4月11日、シンガポールにて4月10日に高機能シーラント用メタロセンポリマー「エボリュー(TM)」プラントの竣工式を行った、と発表した。

プライムポリマーは、三井化学株式会社が65%、出光興産株式会社が35%出資する資本金200億円の化学会社。

EVLSは、プライムポリマーが80%、三井物産株式会社が20%出資する資本金115百万ドルの化学会社。

「エボリュー(TM)」の生産能力は国内と合わせ年間55万t
三井化学は、アジア市場において、食品包装などの高機能シーラント用材料の需要拡大が見込まれることから、成長するアジア市場に近いシンガポール共和国のジュロン島テンブス地区にEVLSを2012年10月に設立した。

EVLSは、三井化学のライセンスにより、メタロセン触媒を用いた気相2段重合プロセスで「エボリュー(TM)」を製造・販売する。2016年8月より営業運転を開始し、設備能力は年間30万t。日本国内(市原工場)と合わせ、三井化学グループの「エボリュー(TM)」の生産能力は年間55万tに達するとのこと。

「エボリュー(TM)」は、高強度・密封性・低臭気・低フィッシュアイ・ヒートシール性に優れており、液物包装やパウダー包装などに使用される高機能シーラント用メタロセンポリマーである。

三井化学グループは、EVLSの事業展開を通じて、高機能シーラント用材料の供給能力を大幅に拡大し、エボリュー(TM)事業の更なる強化・拡大を図るという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三井化学株式会社のニュースリリース
http://jp.mitsuichem.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る