NEDOなど、工業炉の高温排気を浄化、再利用する排気熱循環システムを開発

更新1214

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. NEDOなど、工業炉の高温排気を浄化、再利用する排気熱循環システムを開発

NEDOなど、工業炉の高温排気を浄化、再利用する排気熱循環システムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月07日 22:15

排気熱エネルギー回収効率75%を実現
2017年4月6日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構は、パナソニック株式会社を助成先として、従来捨てられていた工業炉の排気熱エネルギーを高温のまま高効率に再利用する排気熱循環システム(以下、同システム)を開発したと発表した。

同システムは、工業炉などの加熱処理を要する熱プロセス工程において、電界を利用して、高温排気中に含まれる不要な微粒子を高効率に分離除去するとともに、浄化した排気を再度炉内に戻して利用するもの。
排気熱循環システムの概要
同システムは、捨てられていた排気熱エネルギーを、熱を高温のまま高効率に再利用するもの。

そこで、汚れた排気を炉外にそのまま排出せずに、排気中に含まれる溶媒やフラックス等の不要な微粒子に電圧をかけ、電界を利用して高効率に分離除去する。

浄化した排気は、再度炉内に戻して利用される。

なお、実証システムにおいては、排気の流れと微粒子の挙動を把握するために、熱流体解析を用いた構造設計を行い、排気熱循環ユニットの性能を最適化した。

このシステムを量産現場のリフロー炉に実装し、500時間以上の連続運転を行い性能評価等実施した結果、微粒子の集塵率91%、排気熱エネルギー回収効率75%を実現した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

NEDO ニュースリリース
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100749.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る