MHPS、インドネシア向け超々臨界圧ボイラー2基と電気集じん機4基を受注

更新1217

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. MHPS、インドネシア向け超々臨界圧ボイラー2基と電気集じん機4基を受注

MHPS、インドネシア向け超々臨界圧ボイラー2基と電気集じん機4基を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月03日 16:00

石炭火力発電所向けに、超々臨界圧ボイラー2基と電気集じん機4基を受注
三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は3月31日、インドネシアのタンジュン・ジャティB(Tanjung Jati B)石炭火力発電所5・6号機向けに、超々臨界圧ボイラー2基および電気集じん機4基を受注した、と発表した。

プロジェクトは、住友商事株式会社、関西電力株式会社、およびインドネシア最大のコングロマリットであるアストラ・グループ(PT. Astra International, Tbk.)の傘下企業であるユナイテッド・トラクターズ(PT. United Tractors, Tbk.)が出資するIPP(独立発電事業)案件で、2015年12月21日インドネシア国営電力会社PLNと長期売電契約を締結した。

合計2GWの高効率な超々臨界圧石炭火力発電設備
インドネシア政府は、経済発展に伴い、2019年までに35GWの新規電源を立上げることを目標に掲げ、電力増強計画を推進しており、今回のプロジェクトは中核案件として位置付けられている。

タンジュン・ジャティB石炭火力発電所5・6号機は、インドネシアのジャワ島中部にあり、1GWの高効率な超々臨界圧石炭火力発電設備ユニットを新たに2基建設するものである。

すでに稼働中の石炭火力発電所1~4号機とともに、PLNに長期売電し、インドネシアの電力需要に応える。

MHPSは、2011年と2012年にタンジュン・ジャティB発電所3・4号機にボイラー設備を納入済みで、今回と合わせ合計4基のボイラー設備を納入することになる。

電力の安定供給と環境負荷の低減に貢献
MHPSは、CO2排出量を抑制する高い発電効率をもつ石炭火力発電設備について、豊富な納入実績がある。

今後も、タンジュン・ジャティB発電所の安定的な運転に一層寄与するとともに、他の国・地域で電力の安定供給と環境負荷の低減に貢献する、とのこと。

(画像は三菱日立パワーシステムズのHPより)


▼外部リンク

三菱日立パワーシステムズ株式会社のニュースリリース
http://www.mhps.com/news/20170331.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る