東京電力HDとゼンリン、ドローン社会実現のための安全飛行インフラ構築に向けた業務提携

更新1213

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東京電力HDとゼンリン、ドローン社会実現のための安全飛行インフラ構築に向けた業務提携

東京電力HDとゼンリン、ドローン社会実現のための安全飛行インフラ構築に向けた業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月31日 12:00

「ドローンハイウェイ構想」の実現に向けて

2017年3月29日、東京電力ホールディングス株式会社(以下、東京電力HD)と株式会社ゼンリン(以下、ゼンリン)は、両社が保有する設備・地図情報などのインフラデータを組み合わせ、ドローンの安全飛行をインフラ側から支援する「ドローンハイウェイ構想」(以下、同構想)の実現に向けた業務提携に基本合意したと発表した。

ドローンハイウェイとは、ドローン専用の飛行空域・空路のことで、東京電力グループが保有する変電所、送電鉄塔・電柱、架空送電線などのインフラデータと、ゼンリンが開発を進める空域情報を3次元化した“空の3次元地図”を組み合わせ、2019年度の同構想実現に向けて取り組む。

取り組みの概要

東京電力HDは、送電鉄塔・架空送電線などのドローンの飛行で障害物となるインフラ設備の3次元データベースを整備・提供し、設備点検場所までドローンを誘導する技術を両社で共同開発する。

また、地上に張り巡らされた電力ネットワークを「空から見える道しるべ」として活用し、目的地まで中長距離の安全・安心な自律飛行を支える空域「ドローンハイウェイ」を実現する。

さらに、機体の充電や点検・整備・修理サービスを提供する、「ドローンポート」を「ドローンハイウェイ」に付帯して整備する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京電力HD プレスリリース
http://www.tepco.co.jp/press/release/2017/1399151_8706.html

別紙 「ドローンハイウェイ構想」の実現に向けて(1.93MB)
http://www.tepco.co.jp/

動画 「ドローンハイウェイ構想」の実現に向けて
http://www.tepco.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る