日本製鋼所と住友商事など、ブラジルで風力発電向け鍛造品製造・販売事業会社を設立

更新1024

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日本製鋼所と住友商事など、ブラジルで風力発電向け鍛造品製造・販売事業会社を設立

日本製鋼所と住友商事など、ブラジルで風力発電向け鍛造品製造・販売事業会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月30日 14:00

ブラジルでは総発電量の約7パーセントが風力発電
2017年03月29日、株式会社日本製鋼所(以下、日本製鋼所)は、住友商事株式会社(以下、住友商事)およびブラジル最大の鉄鋼メーカーGerdau S.A.(以下、ゲルダウ)と共に、ブラジルで風力発電向け鍛造品製造販売事業を目的とする、合弁会社Gerdau Summit Aços Fundidos e Forjados S.A.(以下、ゲルダウサミット)を設立したと発表した。

ゲルダウサミットは、2016年1月に出資者間で基本合意し、2017年1月に会社登記が完了して、同年3月28日にはゲルダウサミット本社で開所式を開催した。

日本製鋼所は、鋳鍛鋼製品の製造技術・品質管理技術・ノウハウを供与し、住友商事は、インフラ事業や関連部品の販売を通じて培った知見やネットワークを活用して、ゲルダウサミットの事業に貢献する。

なお、ブラジルでは、政府の風力発電導入政策も後押しとなり、総発電量に対して風力発電の占める割合が、現在の約7パーセントから2024年には11パーセントまで増加し、現在約430か所の風力発電所が、2020年までに新たに約330か所増加するとの予測だ。
「ゲルダウサミット」の事業概要
主な事業は、ゲルダウの既存事業である鋳鍛造製品の製造・販売事業とともに、風力発電関連の鍛造製品・鋳鍛造の製造・販売を行う

資本金は約114億円、従業員数は約430人で、約2.8億レアル(約100億円)の設備投資を行い、年間生産量50,000トンの生産設備を完備する計画だ。なお、出資比率はゲルダウ59パーセント、住友商事39パーセント、日本製鋼所2パーセントだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日本製鋼所 ニュース
http://www.jsw.co.jp/news/20170329_000625.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る