東京電力HDなど、電力設備を自動点検する「ドローン飛行支援システム」を共同開発

更新1124

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東京電力HDなど、電力設備を自動点検する「ドローン飛行支援システム」を共同開発

東京電力HDなど、電力設備を自動点検する「ドローン飛行支援システム」を共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月26日 08:00

自動的に飛行計画を作成し、自律飛行で効率的・安全に設備点検を支援
2017年3月24日、 東京電力ホールディングス株式会社(以下、東京電力HD)、ブルーイノベーション株式会社(以下、ブルーイノベーション)、および株式会社テプコシステムズ(以下、テプコシステムズ)の3社は、自律飛行するドローンが電力設備を自動点検する「ドローン飛行支援システム」の共同開発について合意したと発表した。

東京電力HDが蓄積してきた電力設備の点検技術・点検データと、ブルーイノベーションが有するドローンの安全飛行管理技術、およびテプコシステムズが有する設備保全のシステム開発・保守技術を融合させ、簡単な操作でドローンにより自動点検を行うシステムを共同開発する。

2018年4月までに実証試験を開始する予定。
「ドローン飛行支援システム」の概要
送電鉄塔・送電線など高所の電力設備点検において、高所作業の安全性を損なうことなく、後継人材不足や一層のコスト削減に取り組むためには、簡単な操作でドローンの自動点検を実現させることが不可欠だ。

共同開発では、ドローンの最適飛行経路などを自動作成し、高解像度カメラなどで撮影した映像を、専用タブレットでリアルタイム確認しサーバーや業務端末と自動連携するシステムの構築を目指す。

さらに、建物内通信設備の計器・通電ランプなどの表示状態を自動点検し、点検後には自律飛行で充電基地に着陸可能な機能の開発を行う。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東京電力HD プレスリリース
http://www.tepco.co.jp/press/release/2017/1396501_8706.html

別紙 ドローン飛行支援システムの概要(1.92MB)
http://www.tepco.co.jp/

動画 「ドローン飛行支援システム」による送電設備自動点検イメージ
http://www.tepco.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る