三菱日立パワーシステムズ、メキシコ向けにガスタービン2基と蒸気タービン1基を受注

更新1115

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三菱日立パワーシステムズ、メキシコ向けにガスタービン2基と蒸気タービン1基を受注

三菱日立パワーシステムズ、メキシコ向けにガスタービン2基と蒸気タービン1基を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月23日 21:00

メキシコ向けの受注は、3年連続3回目

2017年3月22日、三菱日立パワーシステムズ(以下、MHPS)は、スペインに本拠を置く多国籍電力事業者のイベルドローラ社(Iberdrola SA)がメキシコに建設するエルカルメン(El Carmen)火力発電所向けに、M501 J形ガスタービン2基と蒸気タービン1基を受注したと発表した。

受注した3基のタービンは、天然ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル発電設備の中核となるもので、出力は85万キロワット。

また、受注は、MHPSの米国拠点会社MHPSA(Mitsubishi Hitachi Power Systems Americas, Inc.)を介して行われ、メキシコでの受注は、2015年10月のノレステ(Noreste)火力発電所、2016年4月のノロエステ(Noroeste)火力発電所に次いで、3年連続3回目。

エルカルメン発電所の概要

同発電所は、メキシコ北東部のヌエボ・レオン(Nuevo León)州エルカルメンに新設され、地域の約300万人相当の電力需要を賄う。

MHPSは、M501 J形ガスタービンと蒸気タービンを供給するとともに、技術者が現地で据付と試運転の指導を行う。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱日立パワーシステムズ ニュース
http://www.mhps.com/news/20170322.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る