東芝、インドネシアにてサルーラ地熱発電所の運転がスタート

更新1218

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東芝、インドネシアにてサルーラ地熱発電所の運転がスタート

東芝、インドネシアにてサルーラ地熱発電所の運転がスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月23日 05:15

地熱蒸気タービンと発電機を納入
東芝は、3月22日、世界最大級の地熱発電プロジェクトであるインドネシア・サルーラ地熱発電所が運転をスタートしたことを発表した。

インドネシアは、約2万8,000メガワットの地熱資源量を有する世界第2位の地熱資源国。同社は、同発電所向けに、地熱蒸気タービンおよび発電機を納入していた。

プロジェクトの概要
新発電所は、インドネシア北スマトラ州サルーラ地区に新設される、総出力320.8メガワットの地熱発電所。

地中からの蒸気を直接利用する、同社製フラッシュ型発電設備と、米国オーマット・テクノロジーズ社製のバイナリー型発電設備を組み合わせた「コンバインド型地熱発電設備」を、3系列建設する計画で、今回運転を開始したのは、初めの1系列目である。

なお、2018年までに3系列全てが運転をスタートする予定だ。

コンバインド型地熱発電システムを推進
同社とオーマット・テクノロジーズ社は、2015年10月、戦略的協業契約を締結。現在、互いの強みをいかしたコンバインド型地熱発電システムを推進中である。

なお、両社は今後も、ファイナンス等、各種支援を活用しながら、高効率なコンバインド型地熱発電システムの受注拡大に取り組む方針だ。

(画像は東芝のホームページより)


▼外部リンク

東芝 プレスリリース
http://www.toshiba.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る