清水建設と国際航業、屋内位置情報を基盤とした現場情報共有システムを開発

更新1211

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 清水建設と国際航業、屋内位置情報を基盤とした現場情報共有システムを開発

清水建設と国際航業、屋内位置情報を基盤とした現場情報共有システムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月23日 13:15

現場作業者の居場所を検知し、施工管理情報をプッシュ配信
2017年3月22日、清水建設株式会社と日本アジアグループ株式会社傘下の国際航業株式会社は、共同で「屋内位置情報を基盤とした現場情報共有システム」(以下、同情報共有システム)を開発したと発表した。

施工中の建設現場においては、設計・施工情報の変更や、資機材の移動、作業者の入れ替わりなどが日々生じており、作業関係者間のリアルタイムな情報共有が生産性向上のカギを握る。

同情報共有システムは、現場作業関係者間でコミュニケーションの効率向上を図るために開発された。
位置情報を基盤とした現場情報共有システムの概要
同システムは、BLEビーコンを利用した屋内測位インフラ、位置情報に紐づいた施工管理情報データベース、専用アプリケーションソフトで構成される。

現場作業者が専用アプリを導入したスマート端末を携行し、ビーコンの設置場所に近づくと、位置情報を取得し、その場所に紐づけられた指示・伝達事項や最新の図面・写真データ等をスマート端末にプッシュ配信する。

また、作業者の位置情報をアプリの現場マップ上で確認できるため、施工管理者は、作業者の居場所を把握しながら指示を伝達できる。

(画像は国際航業公式ホームページより)


▼外部リンク

国際航業 ニュースリリース
http://www.kkc.co.jp/cms/pdf/1701/2017-03-22.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る