東京電力フュエル&パワー、富津火力発電所ガスタービン取り替えで発電を効率化

更新1218

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東京電力フュエル&パワー、富津火力発電所ガスタービン取り替えで発電を効率化

東京電力フュエル&パワー、富津火力発電所ガスタービン取り替えで発電を効率化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月22日 12:00

生産効率を向上させるために発電設備を交換
東東京電力フュエル&パワーは3月17日、富津火力発電所2号系列第5軸の取り替え工事が完了し、営業運転を再開したと発表した。

東東京電力フュエル&パワーは、千葉県富津市にある富津火力発電所の発電効率の向上とCO2の排出量削減を目的に、1号系列および2号系列のガスタービンなどの取り替え工事を進めてきた。

今回、取り替え工事を行っている1号系列6軸と2号系列7軸の計13軸のうち、2軸の取り替え工事が完了したことになる。今後は、残りの11軸の取り替えを進めていく。

発電効率が47.2%から54.3%に向上
富津火力発電所は1号系列から4号系列まで計4系列の発電設備から構成されており、これら全てを合わせた総出力は504万キロワット。燃料はLNGで1号系列、2号系列ともに、出力はそれぞれ100万キロワットである。

今回のガスタービンなどの取り替えによって、発電効率は47.2%から54.3%へ向上し、年間で燃料費を約10億円、CO2排出量を約6万トン削減できる見込みだ。

東東京電力フュエル&パワーは引き続き、燃料費を戦略的に削減し、国際競争力の高い発電施設を実現し、電力を安定的に供給するとともに、

福島の復興に向けた原資の創出に全力を尽くしてまいります
(プレスリリースより)

と述べている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東京電力フュエル & パワー株式会社のプレスリリース
http://www.tepco.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る