明電舎、カメラ画像処理技術を用いたエレベーター用ロープ保守点検製品「ロープテスター」を開発

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 明電舎、カメラ画像処理技術を用いたエレベーター用ロープ保守点検製品「ロープテスター」を開発

明電舎、カメラ画像処理技術を用いたエレベーター用ロープ保守点検製品「ロープテスター」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月22日 06:00

エレベーター市場において、国内海外ともに保守点検需要が増加傾向
2017年03月21日、株式会社明電舎は、エレベーターのロープ点検製品ロープテスター(以下、同製品)を開発したと発表した。

同製品は、鉄道の架線を走行しながらカメラで撮影、画像処理を行い点検する架線計測システム「カテナリーアイ」の技術を応用したもので、カメラで撮影し画像処理を行うロープテスターは業界初だ。

ロープ式エレベーターの点検では、技術員によるロープ径測定、目視点検および素線破断数の確認が必要で、特に、高層階建物での点検時間の短縮化と効率化が求められている。これまでは、磁気探傷方式によるロープテスターが一般的だった。

今後は、現場で撮影した画像をIoTで接続して遠隔監視できるように、さらなる改良を加えるとともに、エレベーター以外でロープ点検が必要な、船舶や建設機械などへ適用拡大を目指す。
「ロープテスター」の特長
システムは、複数のラインセンサカメラ、ノートパソコンや照明および各種電源のハードウェアと、撮影用アプリケーションおよび解析用アプリケーションのソフトウェアで構成されている。

新設エレベーターおよび既存各社エレベーターで使用可能で、エレベーターを最下階から最上階に定格速度で起動させるだけで、メインロープの全長のロープ径を自動測定できる。

このため、作業効率が向上し、ロープの劣化状況をより迅速に把握し予測でき、部品交換計画が立てやすい。

また、作業員による手作業測定を省き、作業員の安全性を確保できる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

明電舎 ニュースリリース
http://www.meidensha.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る