NTTファシリティーズ、データセンターの空調用エネルギーを最大63%削減する空調機を販売開始

更新1024

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. NTTファシリティーズ、データセンターの空調用エネルギーを最大63%削減する空調機を販売開始

NTTファシリティーズ、データセンターの空調用エネルギーを最大63%削減する空調機を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月16日 07:00

データセンターは年間を通じて冷房
2017年3月15日、株式会社NTTファシリティーズは、従来のデータセンター用床置型空調機シリーズに、大容量タイプ「FMACS(R)-V hybrid(LL)」を新たに追加し、販売開始すると発表した。

データセンターは年間を通じて冷房を行っており、空調用エネルギーを削減するためには、冬期には低温外気を積極的に利用することが有効だ。

同製品シリーズでは、空調機として一般的な「圧縮サイクル」と、冷媒ポンプで冷媒を循環させる「ポンプサイクル」の2つのサイクルを、外気温度に応じて自動的に切替える高効率な運転で、消費電力を大幅に削減する。

また、冷媒ポンプは室外ユニットに内蔵されており、一般的なパッケージ空調機と同様の高い施工性・設置自由度を有している。
製品の新機能
同製品では、空調機コントローラーによって空調機毎に圧縮サイクルとポンプサイクルを切替える従来の制御方法に加え、グループ制御コントローラーによる複数空調機のサイクル切替えを可能とした。

データセンターの運用状態に対応して、圧縮サイクルと比較して消費電力の少ないポンプサイクルで運用する空調機台数を最大化させることができ、システム全体での高効率な運用が可能となる。

これにより、一般的な電算機用空調機と比較して最大63%の消費電力が削減される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

NTTファシリティーズ ニュースリリース
https://www.ntt-f.co.jp/news/2017/170315.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る