清水建設、「置換クリーン空調」システムを開発

更新224

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ゼネコン>
  4. 清水建設、「置換クリーン空調」システムを開発

清水建設、「置換クリーン空調」システムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月27日 07:00

天上空間を最大限に活用できる空調システム
清水建設は1月24日、置換空調技術を応用したクリーン空調システム「置換クリーン空調」を開発したと発表した。

このシステムは要求清浄度が比較的低い、電子デバイス工場などのクリーンルーム向けのもので、生産効率の向上と省エネルギーを目的に、換気性能に優れる置換空調技術を応用したもの。

クリーンルームの壁面下部に清浄冷気の吹き出し口、壁面の上部に室内空気の排出口を設け、清浄冷気をクリーンルームの床面に向けて吹き出し、生産装置などの内部発熱で暖まった空気を置き換えて、空調と作業エリアの清浄化を行う。

大型の生産装置の設置が可能な壁面設置型
クリーンルームの天井部に空調設備を設置する必要がないので、クリーンルームの階高を最大限活用でき、生産効率が高い大型の生産装置を設置できるのが最大の特徴。

また少ない循環風量で換気できるため、省エネ効果も大きい。天井部に取り付ける従来の空調システムと比べ、循環風量を約30%削減できるという。

清水建設では今後、既存クリーンルームの改修および新規施設への適用を目指し、積極的に提案していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

清水建設株式会社のプレスリリース
http://www.shimz.co.jp/news_release/2017/2016045.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る