業界初!大成建設、「風騒音シミュレータ」の運用をスタート

更新221

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ゼネコン>
  4. 業界初!大成建設、「風騒音シミュレータ」の運用をスタート

業界初!大成建設、「風騒音シミュレータ」の運用をスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月24日 20:45

より正確に計測できる実験室に
大成建設は、1月23日、建物周辺で発生する暗騒音を再現しながら、対象となる騒音を計測できる「風騒音シミュレータ」を開発し、同社の技術センターにおいて本格運用を開始したことを発表した。

これまでも同社では、風洞実験室を利用して風向きや風速別の発生音分析を行ってきたが、吹出口が小型で最大風速も低い等の理由により、超高層建物で想定される値を計測することが難しかった。

「風騒音シミュレータ」の概要
今回開発した「風騒音シミュレータ」は業界初の試み。

大型吹出口を備え、高風速に対応した「音響風洞実験室」、建物周辺の暗騒音を、場所や音量別で再現する「暗騒音付加システム」、聞こえ方の程度を客観的に評価する「風騒音評価システム」から構成される。

これら3つを融合させることで、建物の外装材による影響で発生する風騒音を、建物の新築・改修前に評価できる。また、必要に応じた適切な対策を施すことが可能になったという。

風騒音問題を未然に防止
近年、建物は高層化。バルコニーの手摺りやルーバー材など建物の外装材に、風が作用する際に発生する「風騒音」が問題となっている。

同社は今後、このシミュレータを活用することで、建物の設計や施工において、最適な仕様を見出すとともに、風騒音が発生しない外装材の研究開発を推進していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大成建設 プレスリリース
http://www.taisei.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る