鹿島建設、ダンプトラックの自動化システムを導入

更新1023

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 鹿島建設、ダンプトラックの自動化システムを導入

鹿島建設、ダンプトラックの自動化システムを導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月12日 21:00

複数のダンプを一人で操作
鹿島建設は1月11日、建設機械の自動化システム「A4CSEL」に自動ダンプトラックをダム工事に導入し、ダンプトラックの「運搬」と「荷下ろし作業」の自動化に成功したと発表した。

「A4CSEL」は鹿島が2015年に開発した振動ローラを使い、コマツと共同開発したブルドーザで自動施工を行うシステム。

従来のリモコンなどを用いた建設機械の遠隔操作とは異なり、あらかじめ複数のブルドーザにタブレット端末から指示を出せば、あとは機械が自動的・自律的に運転・施工を行う次世代型の技術だ。

人員不足に対応するためのコントロールシステム
建設業界の課題である技能者の高齢化や将来の熟練技能者の減少、作業員不足に対応するためのもので、土木工事の生産性・安全性の向上にも大きく貢献するシステムとして開発された。

一人で複数の建設機械がコントロールでき、機械が得意とする繰返し作業を自動化できるのが特徴だ。

このほど福岡県五ケ山ダム堤体工事のRCDコンクリート施工に「A4CSEL」を初めて適用した結果、振動ローラの転圧作業とブルドーザのまき出し作業、盛立部におけるダンプトラックの運搬・荷下ろし作業の自動化に成功した。

今後は油圧ショベルの自動化にも取り組む予定で、適用機種を増やしつつ、土木工事の自動化システムの完成を目指す方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

鹿島建設株式会社のプレスリリース
http://www.kajima.co.jp/news/press/201701/pdf/11c1-j.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る